ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

VRMというのはVR向けの3Dアバターファイルのフォーマットです。利用はVRアプリケーションの中に組み込んで、顔や手足の動きを認識して動かすといった方法になるでしょう。そのための開発はとても手間がかかり、ちょっと内容を見たいという時に不便です。

そこで使ってみたいのがWebVRMです。WebブラウザでVRMを操作できます。

WebVRMの使い方

デモです。VRMが表示されています。

パラメータを細かく指定して手や顔を変えられます。

動かせる場所はとても多いです。

こんな感じにポージングすることも。

WebVRMを使うことでVRMの動作確認が手軽に行えます。動かせる箇所を確認したり、どういった表情になるかもあらかじめ把握できるでしょう。その上で問題なければVRアプリケーションに組み込めます。3Dアプリを開発する際に知っておきたいソフトウェアです。

WebVRMはJavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

WebVRM

Keshigom/WebVRM

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2