ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

仕事中だと分かっていながら、ついつい見てしまうWebサイトがありませんか。ソーシャル系や動画共有サイトは、ほんの少しだけと思って見始めて気付いたら1時間経っていたなんてこともざらです。そうしたWebサイトはブロックしなければいけません。

今回紹介するreflectは緩い雰囲気のWebサイトブロッカーです。

reflectの使い方

インストールしました。

設定画面です。ブロックしたいWebサイトを登録しておきます。

ブロックされたWebサイトを表示しようとすると、なぜ閲覧したいかを入力しなければいけません。

ちゃんと申請することで5分間だけ見られるようになります。

reflectが緩いのは、理由を入力することで5分間だけ閲覧できるようになることです。理由は履歴管理されており、後で見返せるようになっています。reflectを使うことで、どんな理由で閲覧しているか、閲覧回数が増減しているかをチェックできるようになります。

reflectはGoogle Chrome用、TypeScript製のオープンソース・ソフトウェア(ISC License)です。

reflect. - a mindful website blocker - Chrome ウェブストア

getreflect/reflect-chrome: a mindful website blocker for the productive.

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2