ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

机の上に複数台のPCを置いている人は珍しくありません。しかし、複数台あるとキーボードとマウスもその台数分必要になります。取り違えれば、別なマシンを動かしてしまったりします。これはとても面倒です。

そこで使ってみたいのがBarrierです。複数台のPCを一つのキーボードとマウスで操作できるようになります。

Barrierの使い方

一台がサーバ、他はクライアントとして接続します。

クライアントが立ち上がると自動的に接続が開始されます。

macOSの場合、セキュリティ設定も必要です。

Barrierはこの手のソフトウェアとして有名なSynergyのコア部分を使って作られています。Synergyは有償ソフトウェアになったので、オープンソースで使い続けたい方はBarrierがいい選択肢になるでしょう。使い勝手はほとんど変わりません。もしかするとSynergyには追加機能もありそうですが、普通に利用する分にはBarrierで十分でしょう。

BarrierはC++製のオープンソース・ソフトウェア(GPL)です。

debauchee/barrier: Open-source KVM software

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2