ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

iOS11ではスクリーンタイムという機能が追加されました。1週間でどれくらいの時間、画面を見ていたかレポートしてくれる機能です。スマートフォンを長時間見続けるのは時間の浪費、視力低下にもつながりますし、お勧めはできません。

同様の利用時間制限につながるAndroidアプリがScreenTimeManagerです。長時間使ってしまって悩んでいる方はインストールしてみましょう。

ScreenTimeManagerの使い方

まず最初にセキュリティ設定を変更します。

次にパスコードを設定します。

後は使っていると時間が刻々と更新されます。

ScreenTimeManagerを使うことでスマートフォンの使いすぎを防げるようになるでしょう。設定も細かく指定できるので、アプリを指定することでゲームや動画の見過ぎなど目的に合わせて制限できます。

ScreenTimeManagerはJava製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

tamanegisoul/ScreenTimeManager

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2