ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

WebHookはシステム連携するのに便利な仕組みですが、呼び出されるのがサーバ側とあって、開発時の確認がしづらいのが問題です。ngrokなどを使ってローカル環境を外部に繋ぐこともできますが、準備が面倒と感じる人もいるでしょう。

そこで使ってみたいのがHTTP Responderです。WebHookの内容を確認できるWebサービスです。

HTTP Responderの使い方

最初に自分の好きなURLを設定します。

後はそのURLに来たアクセスについて、細かく情報が確認できます。

HTTP Responderで設定したURLをWebHookに設定することで、どういった情報が送られてくるかが一目で分かるようになります。さらにレスポンスも決めることができます。URLを複数作れるので、サービスごとに分けられるのも便利です。

HTTP Responderはnode/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

HTTP Responder: debug and stub webhooks like a pro.

aaronlerch/respond-to-it: Debug and respond to web hooks like a pro.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2