ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GitHubでは多くのデータがWeb APIで取れるようになっています。しかもトークンを使うことで取得できるデータの制限を自分で行えるようになっています。データの作成については制限も多いですが、取得については自由度が高いです。

そんなGitHubの仕組みを使って作られているのがFaao、GitHubのIssue/Pull Requestクライアントです。

Faaoの使い方

例です。指定したリポジトリのIssueを一覧で取れます。

選択はできますが、詳細はWebブラウザで閲覧になります。

新しいIssueを作成するウィンドウが出ますが、実際の作成処理はGitHub上で行います。

Faaoは基本的にビューワーで、Issue/Pull Requestを閲覧するソフトウェアになります。入力を簡易的に行えるようにするUIもありつつ、実際にはGitHubに飛んで入力になります。また、GitHubおよびGitHub Enterprise両方に対応しているのも特徴です。

FaaoはElectron/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

azu/faao: Faao is a GitHub issue/pull-request client on Electron.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2