ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Google Chromeの開発者ツールを使っていて、外部のライブラリを使いたいと感じることは多々あります。そんな時にはJavaScriptのコードをすべて貼り付けたり、スタイルシートを動的に生成して読み込む手があります。しかし毎回やるのは面倒です。

そこで使ってみたいのがConsole Importerです。簡単に外部ライブラリを読み込めます。

Console Importerの使い方

$iというオブジェクトが追加されます。後はこれにJavaScriptやスタイルシートのURLを渡すだけです。

さらに jquery@2 といったような指定もできます。スタイルシートも特に変わらず使えます。

Console Importerをインストールしておけば、Webサイトの開発やデバッグ作業がとても楽になることでしょう。ライブラリを利用する際の手間が大幅に減るはずです。

Console ImporterはGoogle Chrome用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Console Importer - Chrome ウェブストア

pd4d10/console-importer: Easily import JS and CSS resources from Chrome console.

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2