ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

iPadで動画アプリを見ながら文章を書いたり、Webサイトをチェックする際に便利なのがピクチャ・イン・ピクチャです。macOS Sierraでは機能はあるのですが、Sarariでは未対応です。多くの動画はWebサイト上にあるのに勿体ないことです。

そこで使ってみたいのがPiPifierです。任意のHTML5のvideoをピクチャ・イン・ピクチャに対応させます。

PiPifierの使い方

インストールするとツールバー上にアイコンが表示されます。

VimeoなどHTML5のvideoタグを使っているサイトでアイコンをクリックするとピクチャ・イン・ピクチャになります。

機能拡張です。不要な場合は削除すればアンインストールできます。

PiPifierは任意のvideoタグに対応しているはずですが、筆者の場合はYouTubeでは使えませんでした。実際に使えるサイトは実際に試してみないと分からないでしょう。自分の好きなサイトが対応していればぜひ使ってみてください。

PiPifierはSafari/macOS用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

arnoappenzeller/PiPifier: PiPifier is a native macOS 10.12 Safari extension that lets you use every HTML5 video in Picture in Picture mode

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2