ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Mac OSXで入力リソースを変更する際には英/かなキーを押したり、コマンド+スペースで切り替えます。しかし元々JISキーボード版を使っていて、英字版キーボードに切り替えると入力リソースの切り替え方に手間取ることも多いでしょう。

そこで使ってみたいのが⌘英かなです。左右のコマンドキーを単独で押すと、それぞれ英/かなで切り替えられるようになります。

⌘英かなの使い方

設定画面です。

利用する際にはアクセシビリティの設定が必要です。

⌘英かなは有名なキーバインド変更ソフトウェア、Karabinerを使っているユーザがmacOS Sierraに対応していないために開発されたソフトウェアのようです。コマンドキーを単独で使う機会はないので、頻繁に使うキー操作に割り当てるのは良さそうです。

⌘英かなははmacOS用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

⌘英かな

iMasanari/cmd-eikana

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2