ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

AWSのLambdaはサーバがなくともWeb APIが作れるなど、開発者にとって便利なツールに可能性を感じさせます。とは言え開発したコードをZip圧縮してアップロードして…というのは意外と手間です。

そこで使ってみたいのがapexです。Lambdaに対応した各種言語が扱えるLambda管理ツールです。

apexの使い方

apexはGo言語でできています。とは言え、JavaScript/Python/Go言語を管理できるようになっています。必要な設定を行ったら、後はdeployサブコマンドを実行するだけです。

$ apex deploy
   • deploying                 function=foo
   • deploying                 function=bar
   • created zip (466 B)       function=bar
   • created zip (467 B)       function=foo
   • deploying                 function=baz
   • created zip (267 B)       function=baz
   • creating function         function=baz
   • creating function         function=bar
   • creating function         function=foo
   • creating alias            function=baz
   • creating alias            function=bar
   • deployed                  function=bar name=node_bar version=1
   • deploying config          function=bar
   • deployed                  function=baz name=node_baz version=1
   • deploying config          function=baz
   • creating alias            function=foo
   • deployed                  function=foo name=node_foo version=1
   • deploying config          function=foo

これでデプロイが完了します。ちゃんとLambdaのサイトでも確認できます。

apexを使えばコードのバージョン管理なども容易にできるでしょう。開発が終わったらデプロイすれば良いだけです。Lambdaを使っている開発者必須のツールではないでしょうか。

apexはGo製、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

apex/apex - Go

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2