ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Webアプリケーションを素早く組み上げられるフレームワークはとても重要です。ここ数年ですとRuby on Railsがそんな高速開発可能なフレームワークとして注目を集め続けていますが、他の言語でも類似フレームワークがたくさん存在します。

今回はそんなRailsっぽさはまるでなく、高速にWebアプリケーションを開発できるとしているフレームワークAllcountJSを紹介します。nodeを使い、デスクトップとスマートフォンの両方に対応しています。

AllcountJSの使い方

デモアプリです。プロフィールを表示するものになります。

編集画面があります。

スマートフォンにも対応しています。

スマートフォンでは画面遷移もスムーズです。

デモアプリではありませんが、AllcountJSではこんな感じにコードを書きます。

A.app({
  appName: "Hello World",
  appIcon: "heart",
  menuItems: [
    {
      name: "Gifts",
      icon: "gift",
      entityTypeId: "Gift"
    }
  ],
  entities: function(Fields) {
    return {
      Gift: {
        title: 'Gifts',
        fields: {
          item: Fields.text("Item"),
          date: Fields.date("Giving Date")
        }
      }
    }
  }
});

AllcountJSでは作法に沿って書くことで、UI/UXに困ることなくリッチなWebアプリケーションが開発できます。一般ユーザ向けのサービスでは難しいところがあるかも知れませんが、業務アプリケーション開発などであればAllcountJSを使うことで大幅に高速化されるのでは内でしょうか。

AllcountJSはnode/JavaScript製、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

AllcountJS - Rapid application development framework

allcount/allcountjs

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2