ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

ユーザ向けではなく、開発用途などでHTTPサーバが必要になる機会は多いかと思います。ブログのテーマを編集していたり、静的サイトのデザインをする場合もあるでしょう。そんな時、ぱぱっと使えるHTTPサーバがあると便利です。

RubyやPythonなどでHTTPサーバを立てることもできますが、Caddyを使えばバイナリファイル一つで済みます。しかもHTTP/2サポートです。

Caddyの使い方

CaddyはWindows、Mac OSX、Linux向けにバイナリが提供されています。新しい機能をふんだんに取り入れたHTTPサーバとなっています。実行は簡単で、バイナリをそのままを実行するだけです。

$ ./caddy_darwin_amd64 
0.0.0.0:2015

デフォルトで2015番ポート(年数)というのが良い感じです。ヘルプは次のようになっています。

$ ./caddy_darwin_amd64 --help
Usage of ./caddy_darwin_amd64:
  -conf="Caddyfile": the configuration file to use
  -cpu="100%": CPU cap
  -host="0.0.0.0": Default host
  -http2=true: enable HTTP/2 support
  -port="2015": Default port
  -quiet=false: quiet mode (no initialization output)

一つの特徴にMarkdownファイルのHTMLレンダリングがあります。設定ファイルで次のように記述します。

markdown /blog {
    ext .md .txt
    css /resources/css/blog.css
    js  /resources/js/blog.js
}

この他、WebSocket、TLS 1.2、マルチコア、IPv6、FastCGIやリバースプロキシがサポートされています。Webデザイナー、ブロガー、開発者みんなにとって手軽に使える便利なソフトウェアです。

CaddyはApache License 2.0のオープンソース・ソフトウェアです。

mholt/caddy

Caddy - The HTTP/2 Web Server Made for Humans

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2