ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

まだ開発途中ながらこれは期待大!

WebGLはHTML5上で3Dグラフィックスを扱うために作られた技術です。その可能性は大いに感じられるところですが、扱うのが難しいためになかなか手出ししづらいものがあります。ごりごりコーディングするのは面倒で、やはり専用のエディタが欲しいと思うでしょう。

そのためのエディタになるのがframe.jsです。FlashのようにタイムラインベースでWbGLを編集できます。

frame.jsの使い方

上にあるのがWebGLの映像、下にあるのがタイムラインです。
上にあるのがWebGLの映像、下にあるのがタイムラインです。

赤い線が現在の再生箇所で、モジュールを組み合わせて編集できます。
赤い線が現在の再生箇所で、モジュールを組み合わせて編集できます。

フェードなどを動かすとリアルタイムに再生が変わります。
フェードなどを動かすとリアルタイムに再生が変わります。

まだメニューやモジュールの作成、編集などはできません。しかしWebGLコンテンツを作るだけでなく、それを編集する環境が整えばもっと3Dコンテンツが増えるはずと期待せずにはいられません。ぜひ体感してみてください。

frame.jsはHTML5/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

frame.js editor

mrdoob/frame.js

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2