ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

日本の公共交通機関は優秀で、ほぼ時間通りに運行しています。そのため5分後に来ると分かっていれば5分後までに駅にたどり着けば良いと言うことになります。しかしそれは時間が分かっている場合です。

次の電車に乗りたいとか、これから徒歩で向かっていると言った時には時間だけで計れないこともあるでしょう。そんな時にはメトロパイパーを使ってみましょう。

メトロパイパーの使い方

こちらがメトロパイパーのトップページです。
こちらがメトロパイパーのトップページです。

知りたい駅と行きたい方向の2つを指定します。

こちらが結果。1分以内の情報が多く、リアルタイムに近いと思います。
こちらが結果。1分以内の情報が多く、リアルタイムに近いと思います。

何分後に電車がくるのかもはっきり分かります。
何分後に電車がくるのかもはっきり分かります。

時間は絶対な場合もあれば、相対の場合もあります。メトロパイパーは相対的に電車がいつ来るのかを提示してくれる面白いサービスです。遅延が発生することもあるので相対的な到着時間を知れるというのは大事かも知れません。

メトロパイパーはHTML5/JavaScriptのオープンソース・ソフトウェア(Public Domain)です。

接近情報表示プログラム「メトロパイパー」

ShellShoccar-jpn/metropiper

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2