ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

必要な情報を探す場合には検索を用いるのが一般的です。ソーシャルも急激に伸びていますが、それでもやはりGoogleなどを使って検索するのは当たり前になっています。しかし検索はキーワードを含め、目的の情報にたどり着くためのテクニックが必要です。

検索ではないアプローチで自分の必要な情報にたどり着こうというのがNeighborNoteです。自分のEvernoteにある情報に素早くたどり着くためのアプローチを研究しています。

NeighborNoteの使い方

メイン画面です。普通にEvernoteクライアントとして使えます。
メイン画面です。普通にEvernoteクライアントとして使えます。

ノートを表示するとそれ以外のノートが関連度によってソートして表示されます。
ノートを表示するとそれ以外のノートが関連度によってソートして表示されます。

新規ノートも作れます。
新規ノートも作れます。

より細かいメタ情報も埋め込めます。
より細かいメタ情報も埋め込めます。

NeighborNoteはユーザの操作履歴に基づいてノート間の関連度をチェックしています。つまりNeighborNoteを使えば使うほど、データが蓄積されていくことで精度があがっていくと考えられるでしょう。

操作としては以下が記録されます。

  • 複数ノートの同時閲覧

  • テキストのコピー & ペースト

  • 新規ノートの作成

  • 関連ノートのクリック

  • タグの追加

  • ノートブックの変更

  • ノートのマージ

  • ノートの複製

この手の解析系としてはプライバシーが気になるところですが、NeighborNoteは完全にローカルで動くソフトウェアになりますのでプライベートな情報が漏洩することなく使えるのも利点です。

NeighborNoteはWindows/Mac OSX/Linux用のオープンソース・ソフトウェア(GPL)です。

NeighborNote

yuki792/NeighborNote

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2