ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

プログラマーであれば仕事の成果はコーディング結果に現れてきます。つまりリポジトリを解析すれば自ずと作業ログが出てくる訳です。もちろん必ずしもコーディング量と比例する訳ではありませんが、基準にはなるでしょう。

そこで使ってみたいのがGit-today、Gitリポジトリ解析ソフトウェアです。自分がどれくらい仕事をしたか、git-todayを使えば簡単に分かります。

Git-todayの使い方

Git-todayはnpmでインストールできます。

$ npm -g install git-today

インストールしたら、任意のGitリポジトリでコマンドを実行します。

$ git-today -t "30 days"

Git stats for last 30 days in ./:
  65 files modified
  2568 line insertions
  129 line deletions
 =======================
  2439 net lines

こんな感じで30日間の変更行数が出てきます。-tを指定しなければ今日だけの変更分が出ます。行数が増えた=システムを良くしたではありませんが(リファクタリングで逆に減ることもあるでしょうし)、一つの目安としては面白いのではないでしょうか。

Git-todayはnode/JavaScript製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

rschmukler/git-today

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2