ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

HTML5のWebAudio APIは使ったことがありますか?あるということは知っていても、なかなか機会もきっかけも見つからないものですよね。とは言え折角の新機能を使わないのは勿体ないものです。

そこで紹介したいのがbeeplay、ビープ音で音楽を奏でるJavaScriptライブラリです。

beeplayの使い方

メイン画面です。
メイン画面です。

コードはこんな感じになっています。実際の音楽についてはデモサイトにて視聴してください。

beeplay({bpm: 132})
  .play(null, 2)
  .play('D#4', 1/4).play('E4', 1/4).play('F#4', 1/2)
  .play('B4', 1/2).play('D#4', 1/4).play('E4', 1/4)
  .play('F#4', 1/4).play('B4', 1/4).play('C#5', 1/4).play('D#5', 1/4)
  .play('C#5', 1/4).play('A#4', 1/4).play('B4', 1/2)
  .play('F#4', 1/2).play('D#4', 1/4).play('E4', 1/4)
  .play('F#4', 1/2).play('B4', 1/2)
  .play('C#5', 1/4).play('A#4', 1/4).play('B4', 1/4).play('C#5', 1/4)
  .play('E5', 1/4).play('D#5', 1/4).play('E5', 1/4).play('C#5', 1/4);

ギターのコードと長さを指定していくようですが、メソッドチェーンでどんどん繋げられるのが面白いですね。ビープ音ベースでこんな演奏ができるのかと感心してしまうことでしょう。

beeplayはJavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

  • 2014年05月25日ライセンス修正。

beeplay

watilde/beeplay

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2