ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

今回のテーマはWebオフィススイートです。かつてはローカルでMS Officeを使うのが当たり前でしたが、Google ドキュメント、スプレッドシートの登場から状況は一気に変わろうとしています。OpenOffice.orgやLibreOfficeがローカル版を置き換えようとした動きとはまた違います。

Web版であればブラウザさえあれば操作できること、ブラウザがあればOSを選択しないと言ったメリットがあります。そこで今回は各社がリリースしているWeb版オフィススイートならびにオープンソース・ソフトウェアを紹介します。

Webサービス

Microsoft Office

Microsoftの提供するオフィスサービスです。無料で利用ができます。Webブラウザ版の他、iPad版もリリースされています。通常のOfficeのように使えますが、VBAやマクロは使えませんのでご注意ください。

Google Drive

Googleの提供する無料オフィススイートです。Microsoftのものと異なり、App Scriptというマクロと似た仕組みで機能拡張ができます。さらにGoogle App Engineと組み合わせた活用もできます。

Document Management Software | Manage Documents Online : Zoho Docs

Zohoの提供するサービスです。VBAマクロやピボットテーブルも使える高度なサービスになっています。機能面だけ見ると最もレベルが高いのではないでしょうか。

iCloud

Appleの提供するクラウドサービスです。同社のPages/Keynote/Numbersといったオフィス系アプリケーションがWeb上でも利用できます。いずれもiOS版があるので、それらとのデータ連携も可能です。

ThinkFree Online

ThinkFree Officeのオンライン版です。Word/Excel/PowerPointをインポートして編集ができます。VBAなどは扱えないようです。

以下はプレミアムのみです。

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2