ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

地図は位置情報と結びつけると凄く魅力的で面白いサービスになります。ArcGISというGISサービスの統合プラットフォームがあるのですが、これを使うと位置情報を含めた様々なデータが取り出せます。

そのサンプルとして開発されているのがquickstart-map-jsです。Googleマップとはまた違う面白さがそこにはありそうです。

サンプルです。まずは白地図。
サンプルです。まずは白地図。

標高をマッピングしました。
標高をマッピングしました。

衛星+都市。この辺りはGoogleマップでもありますね。
衛星+都市。この辺りはGoogleマップでもありますね。

拡大すると日本も英語ながら地名が出ます。
拡大すると日本も英語ながら地名が出ます。

標高だけにすると随分見やすくなります。
標高だけにすると随分見やすくなります。

ウォーターカラー。面白い表現ですね。
ウォーターカラー。面白い表現ですね。

ここからがArcGISのデータを使った表現になります。

ルート案内。USだけなのが残念ですが。
ルート案内。USだけなのが残念ですが。

1〜3分内にいける場所をマッピング。
1〜3分内にいける場所をマッピング。

こちらも細かいルート案内。複数箇所を指定できます。
こちらも細かいルート案内。複数箇所を指定できます。

複数のデータをマッピング。
複数のデータをマッピング。

自由に線やポリゴンが描けます。
自由に線やポリゴンが描けます。

現在位置利用の例。
現在位置利用の例。

quickstart-map-jsはいわばサンプル集ですが、地図を使って多彩な表現ができるのが分かるはずです。スマートフォンの流行もあって、外部での地図利用も多くなっています。ArcGISを使えばWeb上で面白い使い方が見つかるでしょう。

quickstart-map-jsはJavaScript製、Apache License 2.0のオープンソース・ソフトウェアです。

Mapping Examples

Esri/quickstart-map-js

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2