ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Homebrewを使っている人はいれておくと幸せになれそう!

Mac OSXではLinux/Unix系のソフトウェアが手軽に使えますが、そのパッケージ管理としてよく使われているのがHomebrewです。筆者も様々なソフトウェアをインストールしています。そんな中、よく使っているのがMySQL/nginxなどのサーバ系ソフトウェアです。

そうしたソフトウェアをインストールしている際にターミナルから起動、終了を行っているなら使いたいのがLaunchRocketです。環境設定パネルを使ってサービスの起動/終了が管理できますよ。

LaunchRocketのインストール

インストール方法はバイナリをダウンロードする、コンパイルする、Homebrewを使ってインストールするの3つがあります。前者二つの方法を使うとHomebrewのスキャンが必要になりますので、Homebrewを使う方法をお勧めします。homebrew-caskのインストールも必要です。

$ brew tap phinze/cask
$ brew install brew-cask
$ brew tap jimbojsb/launchrocket
$ brew cask install launchrocket

これで準備完了です。

LaunchRocketの使い方

初期設定パネルを開きました。
初期設定パネルを開きました。

予めインストールされているサービスが立ち上がります。

ボタンを押すだけで起動、終了ができます。必要に応じてroot権限での実行も可能です。
ボタンを押すだけで起動、終了ができます。必要に応じてroot権限での実行も可能です。

常に使うならば自動実行で良いのですが、あまり頻繁に使わないものの場合起動コマンドを忘れてしまうこともあります。LaunchRocketを使えば起動、終了の管理がとても簡単になりますね。

LaunchRocketはMac OSX用のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

jimbojsb/launchrocket

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2