ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Instagramにあるいい感じの写真を使わせてもらいたいと思ったことはないでしょうか。しかしInstagramの写真はライセンスが明記されていないため使うのは控えてしまうでしょう。

そんな問題を解決するために作られたのがi-am-cc.orgです。Instagramの写真を取り込み、Creative Commonsのもとに写真を公開してくれるWebサービスです。

写真が並んでいます。これらはCreative Commonsの写真です。
写真が並んでいます。これらはCreative Commonsの写真です。

Instagramにある写真は狙って撮っているものが多いので格好いいですね。
Instagramにある写真は狙って撮っているものが多いので格好いいですね。

使い方としてはOAuthを使ってInstagramと接続します。そうすると既存の写真を含めてCreative Commonsにするか確認されます。

Creative Commonsの種類も選べますので商用利用可否、編集可否など選べます。
Creative Commonsの種類も選べますので商用利用可否、編集可否など選べます。

自分の写真をどう使って欲しいか、それを明文化するのがCreative Commonsです。ダメならダメ、良いなら良いという主張をしなければ写真の再利用は進みません。i-am-cc.orgを使えばその主張ができるのです。

Instagramは写真に広告を載せるのではないかと騒がれ、批判されたことがありましたが運営元だけが規約によって写真を自由に扱える訳ではありません。自分の写真であれば自分でちゃんと決められるのです。

i-am-cc.orgはPython製、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

i-am-cc.org - Free your Instagram photos with a Creative Commons license!

philipn/i-am-cc

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2