ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

夢が広がるデバイスですよ!

赤外線通信と言えばテレビやエアコンのリモコンなどに今も使われています。フューチャーフォンでは使われていた技術ですが、スマートフォンになると使われなくなっています。が、未だに多くの家電がある現状、ニーズの強い技術と言えます。

これまでにもスマートフォンから操作できる赤外線通信ユニットが発売されてきましたが、最新のガジェットIRKitはAdruinoベース、オープンソースのデバイスになっています。IRKitは接続や使い方はとてもシンプルでユニークなデバイスになっています。IRKit iOS SDKを使って自分のアプリとIRKitとを組み合わせられるようになっています。

IRKitはこちらです。開発者の方から事前にいただきました。
IRKitはこちらです。開発者の方から事前にいただきました。

デモです。IRKitとの接続処理を行います。
デモです。IRKitとの接続処理を行います。

接続が終わったら赤外線を学習していきます。このステップがとても簡単なのが特徴です。
接続が終わったら赤外線を学習していきます。このステップがとても簡単なのが特徴です。

IRKitへ情報を送るのはモールス信号を使います。ここがちょっとしたコツが必要な部分です。
IRKitへ情報を送るのはモールス信号を使います。ここがちょっとしたコツが必要な部分です。

Wifiの設定をiOSで行い、それをモールス信号で送ります。
Wifiの設定をiOSで行い、それをモールス信号で送ります。

モールス信号を送る画面です。
モールス信号を送る画面です。

IRKit iOS SDKを使えばiOSから赤外線送信がとても簡単に実現できるようになります。エアコンの温度調整、ガレージの開閉、音楽プレーヤの操作など自宅にある赤外線通信を受け取る家電と組み合わせると面白いでしょう。

使い方もCocoaPodsに対応しているので簡単です。

platform :ios, '7.0'
pod 'IRKit', :git => 'https://github.com/irkit/ios-sdk.git'

後は自分のアプリから信号を発信するのみです。

[signal sendWithCompletion:^(NSError *error) {
    NSLog(@"sent error: %@", error);
}];

詳細な使用レビューをMobile Touchにて掲載していますので合わせてご覧ください。

IRKit iOS SDKはiOS用、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

irkit/ios-sdk

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2