ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)を導入すると、どうしてもシステムにサイト全体のテイストが引っ張られてしまいます。カスタマイズ前提のCMSもありますが、それでも機能面などはシステムが提供するもの以上が提供できないでしょう。

そんな多機能なものではなく、運用担当者が必要なコンテンツを手軽に差し替えられる程度のCMSが欲しい…そう考える方に使ってみて欲しいのがCockpitです。ごくごく小さなCMSです。

使い方

まずはインストールです。といっても単に設置する程度で終わります。

インストールが終わったら、デフォルトのadmin/adminでログインします。
インストールが終わったら、デフォルトのadmin/adminでログインします。

ログイン後の画面、いわゆるダッシュボードです。提供される機能はコレクション、リージョン、メディアマネージャとなっています。
ログイン後の画面、いわゆるダッシュボードです。提供される機能はコレクション、リージョン、メディアマネージャとなっています。

メニューもあります。アドオンを使って機能拡張もできます。
メニューもあります。アドオンを使って機能拡張もできます。

例えばリージョンの一つ。これはフォームを作っているところです。
例えばリージョンの一つ。これはフォームを作っているところです。

フォームができあがりました。
フォームができあがりました。

下にある

< ?php region('Test'); ?>

を自分のサイト上に書くと、自動的に上記のHTMLと差し代わる仕組みです。そしてCockpitのHTMLを切り替えれば表示されるHTMLもすぐに反映されます。

リージョンは単純なHTMLの差し替えになりますが、コレクションは配列を定義できます。

リストで並べたりするのに使えそうです。
リストで並べたりするのに使えそうです。

メディアマネージャは画像を入れ替えたり、指定した画像のサムネイルを動的に生成したりすることができます。

他にもMarkdownで記述したテキストをHTML化したり、アセットを使って複数のスタイルシートやJavaScriptを一つのファイルにまとめあげる機能があります。


実際の利用に際しては、

require_once("path/to/cockpit/bootstrap.php");

といった感じでCockpitを読み込んで使うようになっています。管理画面ではあくまでも小さなコンテンツ管理やファイル配信の便利機能だけを提供する、面白いコンセプトのCMSではないでしょうか。

CockpitはPHP製、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。

Cockpit

aheinze/cockpit

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2