ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

一日の仕事を充実させたいならば、時間の使い方を改めなければなりません。まずそのためには時間の使い方を測定する必要があります。

自分で手入力で管理する方法もあるでしょうが、コンピュータを使っているならばもっと用意にログを取る方法があります。それはコンピュータの利用時間を計測するのです。

今回はそのためのソフトウェア、Slifeを使った方法を紹介します。

起動するとまずログインが求められます。SlifeのWebサイトでユーザ登録ができます。
起動するとまずログインが求められます。SlifeのWebサイトでユーザ登録ができます。

こちらはSlifeの管理画面。コンピュータの利用率が分かります。
こちらはSlifeの管理画面。コンピュータの利用率が分かります。

アプリケーションごとの実行時間も一目瞭然。
アプリケーションごとの実行時間も一目瞭然。

こちらはデモ動画です。

Slifeを使うとアプリケーション、見ているWebページや使ったドキュメントが記録されていきます。それによって時間の使い方が明確になるはずです。ミーティングや電話の時には別途記録しておいたり、メモを残しておくことで後で振り返りもできるようになっています。

さらに生産性についてゴールを設定でき、ムダな時間を使っていないかのチェックもできるようになっています。他にもサードパーティ製サービスと連携できたりと面白い使い方ができるようになっています。

SlifeはWindows/Mac OSX用のオープンソース・ソフトウェア(GPL)です。

Slife Labs | Time Management Software

slife - Find out where you spend your computer time - Google Project Hosting

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2