ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

インターネットの世界では広がりと収縮を繰り返して成長しています。あるサービスが立ち上がると、それのクローンができ、細かいセグメントでターゲットにフォーカスする傾向があります。それが乱立すると一元管理する類のサービスが登場するといった具合です。

その中でも特に生活に根ざしたものはその傾向が強くあります。今回はそんな地域情報に関連する利点およびオープンソース・ソフトウェアを紹介します。

1. 広告

地域情報と言えばまず思いつくのが広告ビジネスになります。狭いセグメントであればターゲットは絞り込まれてパイも小さいですが、それだけに新規参入のリスクも低く(取り合ってもお互いメリットがないため)、攻められる範囲も限られるので戦略が立てやすくなります。

ポストに投函されるタイプのフリーペーパーも各種ありますし、そのオンライン版も提供できるでしょう。そこで毎日アクセスしてくれるようなアクティブユーザが集まれば、それは地域に密着した人たちになりますので広告の提供もしやすくなるはずです。

ここから先はプレミアム専用になります。

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2