ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

昔懐かしいゲームもみんなで遊ぶとまた違った面白さが出てきますね。

最近の流行はリアルタイムです。Webアプリケーションではリアルタイムコラボレーション機能が当たり前になっており、遠隔地同士でのチャットを使ったりして一つのファイルを仕上げていきます。同様にゲームの世界でもリアルタイムコラボレーションが人気です。

その際に大事なのはWebSocketなどのリアルタイムコラボレーションを支える技術になります。今回はGoInstantというリアルタイムコラボレーションを支えるバックエンドシステムを提供するサービスを使ったスネークゲーム、GoSnakeを紹介します。

スネークゲームは有名なゲームだと思います。矢印キーを使って蛇を操作し、黒ブロックを食べていきます。
スネークゲームは有名なゲームだと思います。矢印キーを使って蛇を操作し、黒ブロックを食べていきます。

友人とのプレイになると蛇が複数表示されるようになります。ブロックは一つなので取り合いです。
友人とのプレイになると蛇が複数表示されるようになります。ブロックは一つなので取り合いです。

凄まじい人数がジョインするとこのような表示になります。もはや自分がどれか分かりません。
凄まじい人数がジョインするとこのような表示になります。もはや自分がどれか分かりません。

GoSnakeでは他の蛇と重なったり、自分の体とぶつかっても特にペナルティはありません。そのため長くなってもそれほど不便はないのでどんどんブロックを食べ進んでいけるでしょう。最高記録が残る形になっているので、その数字を目指してみんなで遊べます。

同じゲームであっても一人で遊ぶのか、友だちと遊ぶのかで楽しさは全く変わってきます。昔のゲームコンテンツを掘り起こして、コラボレーション機能を与えるとどんな楽しさが加えられるか考えてみると面白そうですね。

さらにGoSnakeはHTML5/JavaScriptしか提供されていない点にも注目です。その他のコラボレーション機能などは全てGoInstantから提供されています。そのGoInstantの使い方の例としても注目に値するでしょう。

GoSnakeはHTML5/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

GoInstant - Snakes

piwh1000/GoSnake

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2