ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Drop.ioって覚えていますか?Facebookに買収されて消えてしまったサービスなのですが、個人的にとても好きでした。あの復刻版(さらに便利)とも言えるのがOneTimeBoxです。

そのシンプルさたるや、本当にこれで良いのと疑ってしまうくらいです。では早速試してみましょう。


トップページです。Create your Boxボタンを押します。ポチッとな。


完成!これでファイルアップロードができるスペースが出来上がりました。なんと簡単なのでしょう!


ファイルのアップロードはドラッグ&ドロップ。複数ファイルでもどんどんアップロードできます。


完了しました。後はこのURLを相手に教えてあげるだけでOKです。ね、簡単でしょう?

URLは認証すら不要です。Deleteボタンを押せばファイルが消えて、Downloadボタンを押せばファイルがダウンロードされます。ここでアドバンスアップローダーのリンクをクリックしてみましょう。


これが拡張版。Filepicker.io連携です。単にファイルのドラッグ&ドロップだけでなく、Facebook/Google Drive/Dropbox/Picasa/カメラなど様々なサービスからファイルを選べるようになります。


ここでもファイルをアップロードしてみます。その結果はOneTimeBoxに反映されます。

OneTimeBoxのサービスは一つのURLにつき1GBまで、保存期間は1週間、ファイル数は無制限となっています。もちろん自分でOneTimeBoxクローンを立ち上げる場合にはこの限りではありません。社内外の人たちとのファイル共有に使っても良いでしょう。

OneTimeBoxを構築している技術としてはMeteor、Filepicker.ioがあります。Meteorなのでサーバはnodeで書かれています。技術的にも面白い選定で、その辺りの構築方法にも興味が注がれます。

何よりDrop.ioは個人的に愛してやまなかったサービスだけに、Facebookが買収した挙げ句にサービスを停止した時には憤慨したのですがOneTimeBoxがその救いになるのではないかと思っています。しかもオープンソースであれば買収されても怖くありません。このまま発展してくれることを期待します!

OneTimeBoxはnode製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

OneTimeBox

oliversong/onetimebox

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2