ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

pydownはPython製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。

Markdownの利用範囲が広がっています。単純なテキストに限らず、ブログのコンテンツに使ったり、Webサイト全体をMarkdownで作ってしまう試みもあります。今回はMarkdownをHTMLプレゼンテーションに転換するpydownを紹介します。


変換処理をした後はHTML/スタイルシート/JavaScriptファイルが生成されます。


キーボードでスライドを切り替えます。


コードハイライト対応。プログラマー向けですね。


一つ前のプレゼンテーションの内容を表示する機能もあります。

pydownの機能はシンプルですが、Markdownをベースに使えるので配布資料はテキストファイルで、Webブラウザではスライドとして閲覧できますと言ったやり方が出来ます。ブログで使うこともできそうです。


MOONGIFTはこう見る

テキストスライドの利点は機能が限られるために変なアニメーションなどのごまかしができず、内容で勝負せざるを得ないことだと思います。アニメーションを多用したプレゼンテーションなどは見た目のインパクトはあるものの実際に語っている内容は大したことがない場合も多いです。

また、閲覧に際して専用のソフトウェアを使わずに済むこと(ブラウザは大抵のOSに入っている訳で)、テキストベースなのでクローラフレンドリーでWeb検索にも引っかかってくれるといったメリットも考えられます。

pydown

isnowfy/pydown

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2