ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Social StreamはRuby on Rails/Ruby用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。

Facebookはグローバルなソーシャルネットワークですが、常にそれだけで良いという訳ではありません。もっと小さいグループや社内、特定のメンバーに対するソーシャルネットワークも求められます。そこで使ってみたいのがSocial Stream、Railsベースの独自のソーシャルネットワーク構築フレームワークです。


デモサイトです。ログインします。LinkedInやFacebookを認証に用いることもできます。


ダッシュボードです。中央にあるのがアクティビティで、グループやコンタクトの情報も掲載されています。


グループに移動しました。個人のダッシュボード同様に発言ができます。


リポジトリにはアップロードしたファイルがリストアップされています。


ステータスを投稿する際には公開先を指定できます。


コンタクトの一覧です。


メッセージです。ダイレクトメッセージができます。


OAuth2を使った外部アプリケーション認証にも対応しています。


スイッチセッションでページの管理者に切り替えることもできます。


お知らせ一覧です。


プライバシー設定ももちろんあります。権限によって管理されます。

一般的なSNSに必要な機能は概ね網羅されているようです。添付ファイルのアップロードはできますが、アルバムのような機能はないようです。そういった機能は追加開発しても良いでしょう。Social Streamは素のままで使うこともできますが、Rubygemsとして組み込んで、足りない機能は追加することが可能です。


MOONGIFTはこう見る

Webサービスの細分化と集約は随時繰り返されます。Facebookやmixiが登場した当時(その時はMySpaceが大きかったですが)、各種地域SNSや社内SNSが登場しました。しかし当時はまだSNSに対する理解はそれほど高くなく、流行りきらなかったように思います。しかしここ数年で個別のSNSに注目が再度集まっています。

特に顧客向けのカスタマーサービスの一環であったり、大企業の家族を含めた社員向けポータルの提供と言った形も注目されています。そうしたサービスはASPとしての提供よりも自社で構築したり、カスタマイズ性の高いシステムを用いることが多いようです。オープンソースのSNSも同様にニーズがあるはずです。

Social Stream - A framework for building distributed social network websites

デモ:Social Stream

ging/social_stream · GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2