ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Wanna get high?は各種ドラッグを組み合わせてハイになるとステージクリアになるゲームです。

ワシントン州ではマリファナが合法化され、オランダでは大麻が合法になっています。そんなドラッグ事情の中で遊んでみたいのがWanna get high?(ハイになりたい?)です。


ゲーム開始です。ドラッグの頭文字をタイプします(押し続けるとぶっ飛びます)。


徐々にしらふになると落ちてきます。


ゲームオーバー。


全部クリアしました!

ドラッグは全部で8種類あります。コカイン、ヘロイン、アルコール、エクスタシー、マリファナ、LSD、タバコ、サイロシビンです。これらを単体で使ったり組み合わせることで一気にぶっ飛べるゲームです。なお、現実世界ではダメ、ゼッタイなのでご注意を。

Wanna get high?はHTML5製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。


MOONGIFTはこう見る

この手のブラックなゲームはFlashやローカルアプリケーションとしてよく作られていたイメージがありますが、ついにHTML5でも出てくるようになりました。特に開発スピードが速ければ話題になった時にすぐにゲーム化して話題になることができるでしょう。

万人が楽しめるウケの良いゲームも面白いですが、時にこうしたブラックなゲームで遊んでみたいと思うときもあるでしょう。そんな時にダウンロードして実行して…では面倒すぎます。オンラインでFlashもいらずに遊べる手軽さこそHTML5ゲームの特徴になるかも知れません。

Wanna get high?

renasboy/wanna-get-high · GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2