ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

TakeMePopはFinderのファイル選択状態を保持してくれるMac OSX用ユーティリティです。

Finderを使ったファイル操作では選択したファイルを一回解除してしまうともう一度選択をし直す必要があります。これは非常に面倒です。そこで選択状態を維持してフローティングしてくれるTakeMePopを使ってみましょう。


ファイルやアプリケーションを選んでTakeMePopを実行します。


複数ファイルも選択可能です。


まとめて登録して、そのまま保持できます。


メニューです。

TakeMePopはFinderのツールバーに登録して使うことが想定されています。複数ファイルを選択した後、TakeMePopを実行すればリストが保存されます。TakeMePopは幾つでも立ち上げられます。後は任意のアプリケーションにドロップしたり、移動させたりするのに使えます。小粒ですがかなり便利です。

TakeMePopはMac OSX用、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。


MOONGIFTはこう見る

FinderやExplorerはファイルマネージャの基本ですが、意外と不便に感じる点が多いです。複数のフォルダに入った複数のファイルを一括でコピーしたり、選択状態を保存しておいたりしたいと思ったことが多々あるはずです。クリップボード履歴もその一つと言えます。

かといって新しくファイルマネージャを作ってもなかなか利用は伸びないでしょう。必要なのは足りない機能を補完してくれる機能拡張の存在です。OSが標準で機能を搭載しているものについては代替よりも機能拡張のが受け入れられる傾向があります。

TakeMePop

hetima/TakeMePop · GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2