ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

FlycutはMac OSXのクリップボードを拡張して履歴管理機能を持たせるソフトウェアです。

WindowsやMac OSXを使っていて不便に感じる点の一つがクリップボードが一つしか存在しないことではないでしょうか。Mac OSXにおいてそれを解決してくれるソリューションとしてFlycutを紹介します。


メニューです。


設定画面です。


Dropboxを使って設定やクリップ情報を他のMac OSXと同期できます。


貼付ける時にはコマンド+Shift+Vでウィンドウを表示して左右の矢印で内容を変更します。

Flycutが対応しているのは文字列だけで、画像やファイルをコピーしても文字列としてしか認識されませんのでご注意ください。慣れると便利で手放せなくなりそうです。

FlycutはMac OSX用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。


MOONGIFTはこう見る

EmacsやVimといったエディタを使っていると必ず過去のコピー内容を使う時があります。その便利さに慣れていると、通常のOSレベルでのクリップボードはとても不便に感じるはずです。この点がなぜ改善されないのかは理解に苦しむところでさえあります。

通常は最後のクリップ内容を使うという仕様であれば現状の操作と変わらない訳で、拡張版として過去のクリップ内容が使えれば良いだけです。この操作ができないために相当数の人が無駄な苦労をしているのではないでしょうか。必須のユーティリティでさえあるでしょう。

Mac App Store - Flycut (Clipboard manager)

TermiT/Flycut

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2