ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

EjectaGLはWebGLを使ったグラフィックスをObjective-C内で描画するブラウザです。

iOS向けに高度なグラフィックスを実現するゲームなどを作ろうと思うと3Dグラフィックスを駆使する必要があります。しかしそれをWebGLを使いつつ、高速に描画できるフレームワークがEjectaGLになります。


サンプルです。図形を描画しています。


iPhoneでも表示できます。


2Dで回転するデモです。


さらに3Dで回転。


こんな感じのMinecraftライクな描画もWebGLを使って実現します。

EjectaGLはHTML5ゲームを高速に描画するEjectaからフォークしたプロジェクトで、Canvas部をWebGLに置き換えています。つまりWebGLを使ったゲームを開発する際に多いに役立つ可能性があるということです。

EjectaGLはObjective-C製、iOS用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。


MOONGIFTはこう見る

WebGLでゲームが開発でき、それが実用的な速度で動くようになればHTML5ゲームの可能性が飛躍的に向上すると言えます。開発はJavaScriptで行い、Webブラウザからもネイティブアプリとしても利用できるようになるでしょう。

ゲームは必ず高度化とシンプル化の両端をたどります。ソーシャルゲームによってシンプル化に大きくシフトしましたが、そろそろ高度化が求められるはずです。HTML5ゲームについても単純なゲームを脱して高度なグラフィックスを伴ったゲームのニーズが出てくるはずです。

vikerman/EjectaGL

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2