ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

iHasAppはiPhone/iPadにインストールされているアプリを一覧するソフトウェアです。

iOSではURLスキーマを使って別なアプリケーションの起動ができます。それによってアプリがインストールされているかどうかのチェックができますが、それを大規模に一気に行ったのがiHasAppです。


インストールされているアプリが認識されました。


全部で60アプリ。インストールされている全アプリではありませんが数多くのアプリが認識されたようです。


アプリをタップすると、詳細を確認できます。

筆者環境では60個のアプリがインストール済みと判断されましたが、それはインストールされている全アプリという訳ではありません。つまり実際にはもっと膨大なリストをもってインストールチェックを行っているということです(リストは1.2万行以上あります)。App Storeに載せるアプリでの利用はお勧めしませんが、企業内アプリでは使えるかも知れません。

iHasAppはiOS用のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。


MOONGIFTはこう見る

iOSではリワード広告が不可となっているため、インストールをもって成果とするような広告ができません。ただしこうやってアプリがインストールされているかどうかをチェックできれば、成果を確認しやすくなるかも知れません(チェックする機能だけのアプリが審査を通過するかどうかは分かりませんが)。

iHasApp自体は規約に反する動作はしていません。ですが、束縛があるからこそ、その範囲内において知恵を絞って新しい手法を試みるというのはありだと思います。できないできないと嘆くのではなく、いかにして何ができるのかを考えてみると面白いのではないでしょうか。

danielamitay/iHasApp

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2