ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

OpalはRubyのコードをJavaScriptに変換するソフトウェアです。

JavaScriptはWebブラウザ上で実行できる唯一のプログラミング言語です(プラグインを使わなかった場合)。しかしJavaScriptを書きたくない、そう考える人も多いです。もしあなたがRubyプログラマであればOpalを使ってみましょう。


テストできるページです。左がRuby、右がその変換したJavaScript。そして下に実行結果が表示されます。


timesも使えます。


こんな感じでifを使った出し分けもできます。

OpalはRubyのコードをJavaScriptに変換できるコンパイラーです。構文はRubyのまま、JavaScriptに変換して実行されます。Ruby on RailsやjQueryに組み込んで使うこともできるようになっており、実用的と言えるのではないでしょうか。Rubyの全てが実現できる訳ではないでしょうが、大抵のことはできそうです。

OpalはRuby製、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。


MOONGIFTはこう見る

JavaScriptをJavaScriptのまま使うのが好きではない人は多いです。特にその構文とスクリプト言語であるがための型指定ができないといった点に不満を感じています。そのため、数多くの変換言語が生み出されています。Dart、Typescript、JSX、CoffeeScriptなど多数の言語があります。

それらの代替え言語の欠点としては、新しい言語を覚えなければならないということでしょう。Opalのメリットは使い慣れたRubyをそのまま使える点にあります。同様の仕組みとしてPHP.jsがあります。この手の手法が普及すると、サーバサイドの言語がWebブラウザ側を浸食する可能性すらあるのではないでしょうか。

Opal: Ruby to Javascript compiler

opal/opal

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2