ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

ColorSense for XcodeはXcode上の色設定をグラフィカルに行えるようにするXcodeプラグインです。

開発時の色設定というのは、感性的なものにも関わらずテキストやRGBで指定しなければならず分かりづらいものがあります。Webオーサリングツールの場合はカラーピッカーが使えるのですが、Xcodeで同様な機能を実現するのがColorSense for Xcodeです。


UIColorの上に色が表示されています。


カラーピッカーを使ってその場で色をカスタマイズできます。


デモ動画

ColorSense for XcodeをインストールするとUIColorやNSColorを使った場合にビジュアル的な色設定ができるようになります。色名の場合はフロート表示で実際の色が表示され、さらにカラーピッカーをスライドさせれば自動で色が入力されるようになります。

ColorSense for XcodeはXcode用のオープンソース・ソフトウェア(BSD License)です。


MOONGIFTはこう見る

Xcodeは個人的には使いやすいIDEとは思わないのですが、それでもObjective-Cの開発に際しては必須のツールです。となればプラグインや設定を通じて使いやすい環境を積極的に構築するようにしなければならないでしょう。デフォルトの設定を変更するだけでもある程度変えられますが、より使いやすくするためにはプラグインが必須と言えます。

Xcodeのプラグインはオープンソースでも多数見つけられます。カラーテーマも数多く存在します。それらを上手に使いこなせば、普段使っているテキストエディタと同等くらいの環境は作れるでしょう。デフォルトのまま使うのではなく、自分なりのアレンジをしてみましょう。

omz/ColorSense-for-Xcode

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2