ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Sidetapはネイティブアプリライクな操作性が特徴のWebアプリケーションフレームワークです。

iOS向けにサービスを提供する場合ネイティブアプリを使うのとWebアプリケーションとの二つが選択肢になります。よりユーザがアクセスしやすいのはWebアプリケーションでしょう。そこでユーザ体験を良いものにすべくSidetapを使ってみてはいかがでしょうか。


最初の画面です。写真がたくさん並んでいます。


タップして拡大。横にスライドするのがネイティブアプリのようです。


左側にメニュー。Facebookのアプリのようです。


アプリの情報も出せます。


デモ動画です。滑らかな動きが特徴です。

Sidetapは写真のタイル表示、詳細表示、メニュー、インフォメーションウィンドウといった画面が特徴になります。全てのコンテンツは1つのHTMLファイル内に記述されるのも特徴です。あまり大きすぎないWebアプリケーションを提供するのに良さそうです。

SidetapはHTML/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。


MOONGIFTはこう見る

ネイティブアプリとWebアプリケーションのどちらが勝つかと言われれば、現状はともかく将来的にはWebアプリケーションの軍配が上がると見ています。少なくともWeb利用がベースになって、そこでネイティブアプリを知ってダウンロードするといった形態が一般的になるでしょう。

鍵を握っているとすればFacebookになると思われます。FacebookのApp CenterがうまくいけばWebアプリケーションがさらに勢いづくことでしょう。または第三のプレーヤにも十分な可能性があります。Webアプリケーション周りには新しいビジネスチャンスがあるはずです。

This is Sidetap - a mobile framework.

harvesthq/Sidetap · GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2