ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

View SourceはiPhone/iPadで今見ているページのソースコードを閲覧するソフトウェアです。

iPhone/iPadのMobile Safariは簡単な機能しか提供されていません。対応サイトを開発するのはあまりにも貧弱で、ソースコードを見ることさえできません。そこで試してみてほしいのがView-Sourceです。


まず設定が必要です。ブックマークを保存して編集します。


ブックマークする内容をコピーします。


今見ているサイトでブックマークレットを実行すればコードハイライト対応して表示してくれます。

View sourceの仕組みとしてはフォームを生成して、現在見ているページのDOMをole.michelsen.dk(これは自前で立てれば変更できます)というサイトのスクリプトに送信してGeSHiを使ってハイライト表示しています。URLを送ってサーバサイドで取得という訳ではないので社内サーバのデータでも使えるのがメリットと言えそうです。

View sourceはPHP製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)です。


MOONGIFTはこう見る

Mobile Safariを使わずにデスクトップ版Safariを使って開発する手もありますが、細かな部分で仕様が異なります。そのためSafariでは動いたのにMobile Safariでは動かない、表示がおかしいといった事態につながる可能性があります。特にWebアプリケーションのように作り込まれたサイトで発生することでしょう。

HTMLのソースコードはJavaScriptによって変更できるものなので、URLを送ってサーバサイドで取得するのでは目的が達せられないかも知れません。そのためView sourceのようにDOMを展開して送信するのは良い手です。デザインのデバッグで活躍しそうです。

View source on the iPad and iPhone | Ole Michelsen

bufferunderrun/View-Source

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2