ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

JoosyはRailsと連携するWebアプリケーションフレームワークです。

Webアプリケーションを開発しようとした際にフロントエンドのフレームワークは多数ありますが、バックエンドはあまり用意されていません。しかしJoosyはRuby on Rails連携型であり、フロントエンド/バックエンドを効率的に開発できるWebアプリケーションフレームワークになっています。


アプリケーションベースを生成します。


この二つのコマンドで準備は完了です。


最初の表示です。


ファイル構成です。

コントローラ部の実装です。

ビューはHAMLで記述します。

JoosyはRailsの中にJavaScriptを使ったMVCフレームワークを組み込みます。肝になるのはCoffeeScript、jQuery、HAMLそしてSuger.jsとなっています。そしてデータをAjaxでサーバサイドとやり取りし、その結果をレンダリングするのみで画面を再描画することなく表示できるようになっています。独自の仕組みを習得する必要がありそうですが、それにさえ慣れれば効率的に開発できるようになりそうです。

JoosyはRuby on Rails用JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(MIT License)です。


MOONGIFTはこう見る

Webアプリケーションフレームワークも色々出てきました。個人的に肝になるのはどこまでユーザに快適な不便利さを感じさせられるかだと考えています。つまり一定の作法にさえ沿っていれば、手軽にWebアプリケーションが作れるという状態にする必要があるということです。これはRailsが通ってきた道に似ていますが、Webアプリケーションであるためにより画面構成にも気を配ったものにする必要があります。

その鍵を握るのはBootstrapでしょう。あそこまで完成度が高くコンポーネントが多数揃ったデザインフレームワークは他にありません。Webアプリケーションフレームワークがコードから自在にBootstrapのUIを整えられるようにすれば、見栄えのいいWebアプリケーションが作れるようになるはずです。この周囲には多数のチャンスが眠っているように見えます。

Joosy: browser applications framework

roundlake/joosy

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2