ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GitHub for WindowsはGitHub専用のWindowsフロントエンドです。

GitHubではこれまでMac OSX専用のフロントエンドを提供してきましたが、ついにWindows版が登場しました。それがGitHub for Windowsです。


まずログインします。


ログインしました。リポジトリへのコミット時の設定を行います。


メイン画面です。まずリモートのリポジトリを取り込みます。


Webブラウザのリポジトリ画面にてClone in WindowsをクリックしてもOKです。


リポジトリを取り込み中です。リポジトリのサイズによってしばらく時間がかかります。


コミットの内容が見られます。


ブランチを作成できます。

主な機能はリポジトリのクローン、履歴の閲覧、コミットの変更、コードのブランチなどとなっています。GitHubを使っているWindowsプログラマーの方、必携のソフトウェアと言えそうです。

GitHub for WindowsはWindows用のソフトウェアです。


MOONGIFTはこう見る

企業においてはまだまだSubversionが主流であると思われますが、小さなスタートアップやフリーランスを中心にGitを使うケースが増えています。そしてGitを活かそうと思うとリモートのリポジトリが欲しくなります。そこで検討されるのがGitHubかBitBucketでしょう。

BitBucketは無料でクローズなリポジトリが作れるのが利点ですが、機能としてはGitHubに見劣りします(BitBucketが容赦なくGitHubをパクっているのが原因ですが)。新しいプログラミングのトレンドを追いかけるならばGitHubを使っていくべきでしょう。周辺ツールも充実しており、そうした面からも新しい試みが色々と知れるはずです。

GitHub for Windows

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2