ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

RuviEditはRubyに特化したプログラミングエディタです。

有名なプログラミング言語には大抵専用のエディタが存在します。それはRubyであっても変わりません。今回紹介するのはRubyに特化したプログラミングエディタRuviEditです。


メイン画面です。


新規Rubyファイルを作成しました。


クラスやメソッドを使うとアウトラインが作成されます。


設定画面です。


実行した時にエラーがあるとその行に印がつきます。


文法チェックができます。


検索置換の機能は豊富です。

主な機能は構文ハイライト、入力補完、構文チェック、コードのその場での実行となっています。面倒な設定もなく、Rubyの実行パスが通っているくらいで簡単に使えます。

RuviEditはWindows/Mac OSX/Linux用のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは独自)です。


MOONGIFTはこう見る

コンパイルを伴うような、Javaや.NET、Objective-Cといった言語の場合IDEを使って開発するのが一般的です。対してスクリプト言語の場合、使い慣れているテキストエディタを使うケースが多いようです。とは言え、IDEの生産性の高さに慣れた人にすれば言語ごとにエディタを使い分ける方がやりやすく感じるかも知れません。

便利なのは入力補完や構文チェックといった機能になるでしょう。ちょっとした打ち間違いでバグを発生させてしまっては大きなストレスになります。同じエディタを使い続けるのも良いですが、時には特定のプログラミング言語に特化したエディタに触れてみるのも良さそうです。

RuviEdit

RuviEdit プロジェクト日本語トップページ - SourceForge.JP

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2