ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

GhostBusterは使っていないデバイスの接続情報を削除するWindows用ユーティリティです。

Windowsが調子悪くなるのは大抵使っているうちに蓄積されていく情報に起因します。USBやCD-ROM、MP3プレーヤなど様々なデバイスを接続した、そんな情報を整理するのに使えるのがGhostBusterです。


インストーラーを使ってインストールします。


起動しました。覚えのあるデバイスが多数表示されています。


Ghostedになっているものが削除対象として考えられるデバイスです。


クラスやデバイス、ワイルドカードを使って指定します。


削除されました。

GhostBusterを使えば過去に接続したけれど今はもう使っていないデバイスの情報を掃除してシステムのクリーンナップに一役買ってくれます。頻繁に行う必要はないかも知れませんが、定期的に使っておきたいソフトウァエです。

GhostBusterはWindows用のオープンソース・ソフトウェア(New BSD License)です。


MOONGIFTはこう見る

Windowsで最も良い管理手法としてはHDD全体のクローンを取っておくか、仮想化ではないでしょうか。日々使っているとレジストリが汚れていきます。幾らポータブルソフトウェアを使っていても、確実に処理速度が低下していくでしょう。

個人ならばまだしも企業内で使っているPCはすぐにクリーンインストールし直すというのは難しいと思われます。普段から汚さないように行動するか、または汚すのを前提にいつでも奇麗だった状態に戻せるように準備しておくのが良いのではないでしょうか。

via Remove Old Device Information To Speed Up Windows

GhostBuster

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2