ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Google DriveはGoogle製の個人向けクラウドストレージです。

何年も前からずっと言われ続けてきたGoogleのクラウドストレージがついに登場しました。それがGoogle Driveです。既にGoogle Appsにも対応しています。


見た目はとてもDropboxに似ています。


メニューです。常駐型のアプリケーションになっています。


GoogleドキュメントやGmailのノートが自動的に同期されてきます。なおGoogleドキュメントの内容はJSONファイルになっています。


設定画面です。同期するフォルダの指定が出来ます。

Google Driveは5GBまではフリー、その後も数段階での従量課金となっています。データはWebブラウザ上で閲覧できます。オフィスファイルであればGoogleドキュメントを使って編集もできます。Finderやエクスプローラのフォルダとして配置されるので、ファイルを放り込んでおけば自動的に同期される仕組みになっています。

Google DriveはWindows/Mac OSX/Android用のソフトウェアです。


MOONGIFTはこう見る

Google DriveがDropboxに与える影響はどうかと言われれば、実質的には大きな影響はないかも知れません。しかしGoogle Driveには独自の利点があります。それはGoogleアカウントとの連携であり、Chrome Web Store上での利用です。この二つがGoogle Driveをもの凄く後押ししています。

つまりChrome Web StoreでアプリケーションをインストールするとGoogleアカウントで認証し、Webアプリケーションを使った結果がGoogle Driveに収まるのです。一般的にDropboxを認証のために使っているケースは殆どないと思いますが、Googleアカウントは利用者がとても多いです。その点がDropboxとの大きな違いになるでしょう。

例えばマインドマップ、ドロー、画像編集、テキストエディタなどローカルで行っていた利用がWebアプリケーションを通じて行いやすくなります。もちろんデータはGoogle Driveに保存されるのでローカルでも同じようなソフトウェアを使って編集できるようになります。この連携はとても恐ろしい可能性を秘めていると言えるのではないでしょうか。

Google Drive

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2