ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Protocol Buffer Message EditorはProtocol Bufferのデータを閲覧したり編集できるソフトウェアです。

Googleが以前発表したProtocol Buffer。各種言語向けのシリアライズメッセージ形式ですが、その内容が適切であるか読み取り、編集できるのがProtocol Buffer Message Editorです。


Java製のソフトウェアでインストーラーも付属しています。


立ち上げました。ファイルを指定して開きます。


こんな感じに表形式で読めます。


カラムが多くても問題なし。


ツリービュー表示です。


階層的になっている場合はこちらを。


1行だけ取り出して読んでいます。

Protocol Buffer Message EditorのベースになっているのはRecordEditorというCSV/TSV形式のファイルを編集するソフトウェアとなっています。それをラッピングしてProtocol Bufferに対応させた形です。読み取りはもちろん、編集して再度コンパイルしてシリアライズもできます。

Protocol Buffer Message EditorはJava製のオープンソース・ソフトウェア(GPL v3)です。


MOONGIFTはこう見る

システム間でいかに効率よくメッセージを転送するか、そのための仕組みは多数存在します。Protocol Bufferの他、MessagePack、JSON、BSON、BERT、Thrift、Avroなどがあります。それぞれ向き不向き、適したプログラミング言語があるので利用形態に応じて選定するのが良さそうです。

メッセージ交換にすればシステム間は疎結合になり、負荷分散できるようになります。バックグラウンド処理は基本ですが、システムを分割して実装するようにすればボトルネック部分にだけ投資すれば良くなったり、システム間の役割も明確になるでしょう。

protobufeditor - Protocol Buffer Message Editor - Google Project Hosting

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2