ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

IIPImageはサーバ/クライアントで使う画像ビューワーです。巨大な画像をタイル上に並べて閲覧できます。

画像の表示には幾つか方法がありますが、超巨大な画像を見せたいと考える時に使えそうなのがIIPImageです。サーバ/クライアントシステムで使う画像ビューワーです。


最新のビューワーです。中央に写真が、右側にサムネイルが表示されます。


写真に情報が付与されていると、マウスの動きに合わせて情報が追加表示されます。


拡大もできます。Googleマップのようにタイル表示されているので大きな画像でもスムーズに表示されます。


こんな細かい部分まではっきりと見えます。


スケールを動かして大きさの確認もできます。


二つ並べて表示するデモです。こちらも拡大などができます。二つは同期して動きます。


こちらはiPadで表示したデモです。最新版はHTML5で作られており、スマートフォンにも対応しています。


拡大表示もできます。

IIPImageはサーバはJava、クライアントはJavaScript(HTML5)やFlash/FlexそしてJavaが提供されています。表示は専用のHTML以外でも埋め込みコードを使って自分のサイトに表示させることもできます。サーバはFast CGIとなっており、ApacheやIIS、Lighttpd、Nginxなどと連携ができます。

IIPImageはJava/Flash/JavaScript製のオープンソース・ソフトウェア(GPL)です。


MOONGIFTはこう見る

最近のデジカメは高性能になっており、撮影サイズもどんどん大きくなっています。画素数だけが全てではありませんが、大きいサイズでになればそれだけ奇麗な写真が撮れるようになります。しかし次に求められるのはそうして奇麗に撮った写真を効果的に見せる方法です。

IIPImageは美術品や宇宙、地球の写真を見せるのに用いられるのを想定しているようです。しかし巨大なイラストであったり、ポスターなど他にも使い道はありそうです。巨大な写真からウォーリーを探すなんてキャンペーンで使っても面白いかも知れません。アイディア次第で使い道は数多く考えられそうです。

IIPImage

デモ:IIPImage » Demos

IIPImage | Free software downloads at SourceForge.net

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2