ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

QuickTiGame2dはTitaniumで2Dゲームを開発するためのモジュールです。

Titaniumはスマートフォンアプリを開発するのに便利なフレームワークですが得手不得手があります。不得意な分野の一つがゲームと言えますが、QuickTiGame2dはそんなTitaniumで使える2Dゲームモジュールになります。


デモで登録されているゲームです。


縦スクロールのシューティングゲーム。


かわずたんたたきもあります。


容赦なく叩きましょう!


ピンボールゲームの説明です。


Appceleratorのロゴがまぶしいです。


動きは機敏とは言いがたいですが遊べます。


マップサポートのデモです。


シューティングゲームのデモ動画です。

QuickTiGame2dはOpenGL ESをベースにしているのでTitanium.UIよりも高速です。APIはenchant.jsやemo frameworkに似せており簡単に使えるようになっています。またSpriteイメージによるアニメーションのサポートや、他のTitanium.UIと絡めることもできます。最近ではtiled mapもサポートしています。これからゲーム開発を行う人にとって魅力的なライブラリでしょう。

QuickTiGame2dはTitanium用Objective-C製のオープンソース・ソフトウェア(New BSD License)です。


MOONGIFTはこう見る

Titaniumでゲーム開発できるようになるというのはとても興味深い動きです。同じJavaScriptであるということを考えるとHTML5でWebブラウザ上で動くゲームを作る要領でiOS/Android向けのゲームが開発できるようになります。体験版をWebブラウザ向けにといったことも考えられます。

ネイティブに比べると速度的に難しい所もありますが、リアルタイムな反応速度が求められないカードゲームやパズルゲーム、ビリヤードゲームのようなものであれば十分動くでしょう。何よりJavaScriptであればこれまでの知識を使って参入しやすいのではないでしょうか。

quicktigame2d - 2D Game Engine Module for Titanium Mobile - Google Project Hosting

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2