ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

MIT App InventorはWebベースでAndroidアプリを開発できるソフトウェアです。元Google製で、MITヘ譲渡しています。

MIT App InventorはGoogle製のApp Inventorを引き継ぎ、オープンソース化したソフトウェアです。WebベースでAndroidアプリの開発ができてしまう優れものです。


最初にログインします。ログインにはGoogleアカウントを使います。


ログインしました。まず最初にアプリを作成します。


名前を決めます。


作成画面です。IDE風です。


ラベルを追加しました。


コンポーネントは多数あります。まずソーシャル。


LEGOのマインドストームとも連携できるようです。


コンポーネントによっては非表示になります。


パッケージングするとQRコードが表示されるのでAndroid端末でアクセスします。


QRコードを読み取りました。


ダウンロードしています。


インストールします。幾つか権限が必要です。


ラベルが表示されています。作成した通りです。


メニューはアプリの終了のみです。

ゲームのような複雑なことはできないかも知れませんが、画面を足すこともできるので簡単な入力アプリやフィードを参照するようなアプリであれば簡単に作れそうです。コンポーネントもドラッグアンドドロップで配置できるのですいすい作れます。

MIT App InventorはJava製、Apache License 2.0のオープンソース・ソフトウェアです。


MOONGIFTはこう見る

MIT App Inventorは元々本家Googleが作っていただけあって機能も十分にあり、非常に高性能なソフトウェアです。残念なところとしてはUIの作りが粗雑に見えてしまうことでしょう。iOSのようにデフォルトのコンポーネントであってもそれなりの見栄えにできるくらいにはなって欲しいと思います。

Webベースでスマートフォンアプリを開発できるサービスは幾つか登場してきています。Androidに特化しているとは言え、MIT App Inventorは有力な選択肢の一つになるでしょう。独自コンポーネントを追加して独自の開発、販売マーケットプレイスを展開するのも面白そうです。

MIT App Inventor

app-inventor-releases - Source code releases of App Inventor - Google Project Hosting

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2