ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

Krile2はTwitterをこよいなく愛する人たちに向けたマニアックな機能をたくさん実装したTwitterクライアントです。

自分はTwitterにおいて素人とは違う、超越したのだ…そう考える人に使ってみてほしいTwitterクライアントがKrile2です。マニアックな機能がこれでもかと実装されたソフトウェアです。


起動しました。まずはアカウントを登録します。


Twitter認証を行って、暗証番号を入力します。


アカウントが登録されました。


アカウントごとの設定です。


設定は実に多いです。細かくカスタマイズできます。


タイムラインです。画像が重なって表示されるのが特徴的?


タブで分けられます。


キー操作も細かくカスタマイズできます。


ツイートする際には画像を貼付けたりタグを入力したりできます。


画像がついているとチェックマークが出ます。


ハッシュタグは自動バインドできます。


複数アカウントへのマルチポストもできるようです(アイコンが重なっているのが分かるでしょうか)。

Krile2の主な機能としては、キュートなインタフェース、マルチカラムとタブ、マルチアカウントによるマルチポストにマルチFavやRTもできます。さらにUser Streams対応、Favoritesされている様子の可視化、タイムラインの検索、投稿中でもツイート入力可能、@や#の入力補完、POST規制時の代理アカウント指定までできます。

そして何よりもくるるたんが可愛いというのが最大の特徴です。Krile2はWindows用、MIT Licenseのオープンソース・ソフトウェアです。


MOONGIFTはこう見る

日本においてはFacebookよりもTwitterの方が受け入れられる土壌が強いようです。クライアントソフトウェアも実に多様性をもったものがたくさん開発されています。元々、ゆるいコミュニケーションを好む性質があるのかも知れません。「バルス」でTwitterのツイート数を記録するなど、ちょっと変わった進化もしています。

それだけに日本向けのソフトウェアを考えると、かなり特殊な機能を求められそうです。翻って世界を見れば、TwitterよりもFacebookのが人口が多いのが実情です。マニアックな道を突き進むか否か、開発者としては迷う所かも知れません。

Krile2 by starwing.net

karno/Mystique - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

  • DevRel
  • Com2