ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

KIFはiOSアプリを自動操作するテストフレームワークです。

iOSにおいて継続的インテグレーションを実現するのに使えるのがKIFです。アプリの操作を自動で行って、テストの自動化を推進してくれます。


iOSシミュレータ、実機の双方で動きます。

テストの記述です。タップするラベルを指定しています。


デモ動画です。シミュレータはマウスでは触れていません。

KIFではテストコードをアプリに組み込みます。テスト自体Objective-Cで記述するようになっています。なお、ドキュメントにないAPIを使っていますので、アプリ申請の際に注意が必要です(KIFでは使い方を細かく書いています)。なおKIFはモバイル課金プラットフォームで知られるSquareを開発している企業のソフトウェアになります。

KIFはObjective-C製、Apache License 2.0のオープンソース・ソフトウェアです。


MOONGIFTはこう見る

Webのテストにおいてもユニットテストはもちろんのことながら実際に役立つのはSeleniumのような実際に操作してみてテストするタイプのソフトウェアではないでしょうか。単純に表示やデータの授受だけでなく、実際に入力したりクリックしてみて起こる問題も多いはずです。

iOSについてもそれは同様です。特にWebと異なる画面遷移であるために辿って戻ってという操作を行うとおかしくなったり、メモリ解放のタイミングによって起こる問題もあります。そうした面倒と思える問題について、KIFをうまく使えば解決できるものは多そうです。

via 自動テスティングフレームワーク "KIF" | Cocoaの日々情報局

square/KIF - GitHub

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2