ITエンジニア/デザイナ向けにオープンソースを毎日紹介

KPT itはアジャイル開発などにおけるKPTをまとめるためのソフトウェアです。

KPTとはKeep(継続)、Problem(課題)、Try(挑戦)の頭文字を取ったもので、アジャイル開発や反復型開発においてイテレーション単位の振り返りに用いられるフォーマットになります。そんなKPTをする際に役立つのがKPT itです。


最初の画面です。


Keepを登録してみました。登録はタブをクリックして、テキストエリアに入力するだけです。


思いついたことをどんどん入力できます。

KPT itをイテレーションミーティングの際に使えば、各メンバーの意見を吸い上げていけそうです。KPT itはフレームワークにPadrinoを使ったRackアプリケーションになります。

KPT itはRuby製のソフトウェア(ソースコードは公開されていますがライセンスは明記されていません)になります。


MOONGIFTはこう見る

枠組みを作ることで考えるべき項目を絞り込み、ミーティングの密度を高めるのは良い試みです。いわばKPTがアジェンダになるイメージでしょう。メンバーも発言すべき内容が示されているので、外した発言を避けられるので安心できるようになります。ミーティングにはやはりこのようなフレームワークを取り入れる方が良いでしょう。

KPT itでは常時保存しておくというよりもミーティング中に記録用として使っておき、終わったら消してしまう方が良さそうです。そういうスクラップ的に使えるのも面白いかと思います。

デモ:kpt-it

KTP

 

MOONGIFTの関連記事

コメント

  • DevRel
  • Com2